銀座のクラブで働く 兼業アラサーホステスブログ

銀座の高級クラブの大人な雰囲気と素敵なお客様が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常をお届け☆

【ホステスの出勤エンタメ】ゼロ・グラビティ

昨日はゴッホ見てまったりしたから、ちょっとまたハデな映画でもと思ったのだけど、電車でプライム起動したらことごとくダウンロードに失敗してて、何も見れない。 

www.xn--zcka2b0et440am98c.tokyo

 

仕方なくダウンロードしたまま忘れてたゼロ・グラビティを観はじめる。

ゼロ・グラビティ(字幕版)

新品価格
¥100から
(2018/4/9 21:18時点)

 

宇宙で作業中に爆破されたロシアの人工衛星の破片で母船が破損して、宇宙にほっぽり出されるっていう、閉所恐怖症&常にバッファがないと安心できない私には、設定からして怖すぎるストーリー。

 

ヒロインのライアン博士なんて序盤15分の時点で酸素残量が10%切ってるとか絶望感しかない。

そのまま酸素が0%になって、「表示はゼロでも宇宙服の中にまだ空気あるだろ、頑張れ」なんて励まされた時には本気で見るのをやめようかって悩んだけど、前半数十分でここまで絶望的な状況になると、後半どうやってストーリー展開するんだろってかえって気になり始める。笑

 

しかもさ、宇宙空間の無重力感とか、宇宙船の見慣れない画に気を取られてて途中まで気がつかなかったけど、この映画って動いてる人間って最初から最後まで2人しか登場しないし、別にそれが不自然な感じもないんだよね。そういう意味でもなんかすごい設定だし、ヒロイン役のサンドラ・ブロックの演技力の高さに驚く。 f:id:nya-ring:20180409212720j:plain

なんだかんだで最後まで観て、地球って素晴らしい!なんて気になって終わったのでした。笑